トップページ

KIDSKIMONOYUUKAはお宮参り着物や七五三着物等子供の着物の専門店です。

.当店ではブランド着物や高級正絹素材の着物等リーズナブルな価格で販売しています。

  • お宮参り着物とお宮参りについて
  • お宮参りは、昔、産土の神にお詣りして、子供の誕生を感謝し、あわせてその子の成長を祈願したと言う故事に由来した日本の伝統行事です。お宮参りと言う呼び方になったのは室町時代以降です。室町時代では生後百日を過ぎて色直しと言って白無垢から染めの着物に替える祝いをして後に吉日を選んで、母子そろつて氏神様にお参りしました。 徳川家綱の時代にはお宮詣りの帰途、大老井伊掃部頭宅に立ち寄り参詣を報告するようになり、以来親戚知人宅に宮詣りの挨拶に行くようになりました。 お宮詣りは,夫側の祖母に抱かれ、妻の実家から贈られたお宮参り着物を掛け着として着せ掛けて御詣りします。祖母も母親も正式には留袖を着るものですが、色無地の一つ紋か訪問着の略礼装でよいでしょうまた格式のある神社だからと言って,無理に遠い所に行かず,最寄の神社に御詣りされるのがよいでしょう。神前に揃って祈願するだけでもよろしいが、丁寧に される場合は社務所に申し出て、神官のお祓いをうけ祝詞をあげてもらいのし袋に祈祷料を入れてお供えします。
  • お宮詣の時期
  • お宮詣りは、男児は生後30日目か31日目に女児は生後31日目か32日目にするものとされています。地方によつては100日120日、50日と違いがありますが
    うぶあけの祝いを宮詣りの日とした地方では30日か31日色直し式を宮詣りの日とした地方では100日、食べ始め式を宮詣りとした
    地方では120日と定めたようです。しかし、このような日数にこだわらず、寒い日や暑い日は避け赤ちゃんの体調のよい晴れた気持ちのよい日を選んでお詣りください。
  • お宮参りの着物の着せ方
  • お宮参りの着物の着せ方男児は常紋を5つ入れた熨斗目模様の紋付の祝着を女児は絵羽模様の祝着物を、よだれかけとフード をつけて抱いた上から、掛け着として着付けます着せ方は祝着物を広げて、赤ちゃんの背中をおおうように掛け、紐の一方を抱かれた人の方から、 他方を脇から通して、背中で蝶結びにします。肩の紐には神社に奉納する宮詣り扇子とお守り袋をつけます。お宮詣りの記念撮影の時には袖口の山の部分を抱いた人の方に洗濯バサミのような物で留めておくと、袖が下がらず美しい写真がとれます
  • 家紋について
  • 男子の初着には家紋を入れます。左右の胸・背中の中心約5cmのところ一箇所・左右の袖(後ろ側の中心、上から約7cmぐらい)
    の所の5ヶ所に紋入れします。 紋は嫁ぎ先の家紋を入れることになります。当店では別途5250円にて五つ紋を摺込み紋(型を用い摺りこむ)で紋入れいたしますお色は金色か白をご選択いただけます。

  •  女子の場合には一般的に家紋は入れませんが
    地方により入れる場合が有ります。
    女子の場合女系紋(嫁ぎ元)の紋を
    背中の中心上から5cmぐらいのところに一箇所入れることになります

 

  • 七五三着物と七五三いわれについて
  • 子供の成長を祝う儀式として室町時代に始まりました。江戸時代以降一般庶民にも普及し現代に至っています。男児は,数え年の五歳に、黒羽二重の五つ紋付の着物と羽織に縞袴が正装ですが,現代では絵羽模様の羽織に無地の着物と紋織りの袴をセットしたものが主流になつてきました。女児は数え年三歳,七歳で御祝いします。 三歳児は体も小さく体力的にも無理がありますので,帯などで体を締め付けない,被布コートと着物のセットでいかれる方が多くなってきました。七歳女児の祝い着は手描友禅や刺繍、絞り等の入った絵羽柄で大人の振袖に近い物です。帯は、丸帯、結び帯、袋帯、等が有りますが比較的つけ易く締め付けの少ない結び帯がお勧めです。
  • 3歳の七五三着物について
  • 男児3歳は初着の袖の裾を丸く縫い直し袴をつけ祝着として御利用される場合が多く有ります。又最近では和服メーカーより5歳のセットを袴共々小さく作り
    3歳用として別販売しています。
    女児はお子様の負担軽減から化繊、絹を問わず着物の上に被布コートを羽織る形態が主流となっています。草履、巾着、リボンなどがセットとなっているので大変便利になっています。 又、初着御利用の場合は袖裾を丸く直し帯や、被布コートを付けて御利用する事が可能です。
  • 5歳の七五三着物について
  • 5歳の場合は主に男児が主体となります。 袴儀ともいわれ紋付あるいは柄物の羽織に袴スタイルが一般的です。紋付の場合ご当家の紋を背、左右後ろ袖、左右胸の五箇所に入れます。 袴は黒か着物の色によっては紺の縞袴を利用いたします。柄物は兜、鷹が主流ですがその年の干支より虎、龍、馬などが用いられ場合があります。袴は紋袴をセットされる場合が多く色も多く製作されてきています。素材は小さなお子様のこともあり汚れ皺にも強いポリエステル系統が
    多いですが高級志向から絹製品も多く製作されています。
  • 7歳の七五三着物について
  • 7歳の場合は主に女児が主体となります。紐落しとも呼ばれ着物を止めていた物が紐から帯に替わるという儀式になります。
    7歳ぐらいからは体力的にも大人と同じように帯を付けた形態が多くなります。着物の素材も化繊から絹まで体型、体力に応じバラエティーにとんだ選択が可能です。帯は簡単に付けられる作り帯、様々な形に結べる袋帯など用途と着付けの専門性を加味し選べます。
    髪飾りや草履バックなど小物も多くお子様と一緒にトータルに組み合わせていくのも楽しみの一つです。